考えちゃダメ! 9月8日

読書感想文

 

 

先日、4回目のワクチン接種の帰路、加古川市のヤマトヤシキ6Fの紀伊国屋書店

で購入。

 

 

 

 

 

 

 

平積みされている最後の一冊でした。

売れてます。(^O^)

 

 

何故この本を買ったのか?

それは書評がすごかったから。

でネットで用心しながら見ると、読んだ方の評価が軒並み★5。

大絶賛です。

 

 

 

ようやく夕べ深夜から5時間かけて読破しました。

 

 

読み終えてから逆算すると、簡単で見事な美しい一本の線。

これこそ素晴らしい作品の構成です。

 

 

後半押し寄せるドンデンの嵐。

特に『彼は彼女の顔が見えない』のタイトルはお見事!

ボク的には、高木彬光大先生の『人形はなぜ殺される』以来の素晴らしいタイトル

ですわ!

 

 

これは、年末の各ミステリーベスト10の海外分野で絶対的に上位にくるでしょうね。

ヘタすりゃ1位か?

あ、毎年1位指定席のアンソニー・ホロヴィッツの『殺しへのライン』か? まだ読

んでないけど。m(__)m

 

 

 

でも……

 

 

 

やはり好みには勝てない。

ボクは本格物一点張りなんやなぁ。

 

 

400ページの内、300ページまで読み進めたとき、一度本を置いた。

そこまで我慢に我慢をして読んだ。

ちょっとゆるめのホラーとサスペンスと謎。別に殺人事件も起こらない。はっきり言

ってここまで苦痛だった。すみません、好みやから。m(__)m

 

 

でも「驚愕のどんでん返し」って書いてあるし。

あと4分の1やで。

何が起こる?

で、本を置いて考えたわけです。

 

 

その時、もしかして……? 

 

 

あることに気づいた時 (それが正しいかどうかは分からないけど) ここまで読み進め

てきたことが一気に違う色に見えて来て……

 

 

それは、たまたま偶然思いついただけです。ボク如きがそんな簡単に真相にたどり着

くはずありません。

けど、思いついちゃったんやもん!

偶然たまたまでも、ふと浮かんでしもたんやもん!

完全にアハ体験ですわ。 

 

 

で、一気に続きを読んだ。

 

 

当たってしまった。

 

 

後は消化試合……

あ、もちろんその後の細部や展開は読まなきゃ分かりませんけど。大本がね。

 

 

  

 

この作品が素晴らしいことは十分に分かります。

客観的に見てすごい作品だと思います。

 

 

でも、本格物ではない限り、途中で考えてはいけませんな。

偶然でも、思いついてしまうことがありますもん。

何も考えずに、もう少し我慢して読み続けていれば、皆さん同様もっと楽しめたや

ろに。( ;∀;)

 

  

作者が読者に対し、劇中の探偵役と知恵比べを挑んで来る本格物以外は、途中で

考えちゃいけません。

 

改めて痛感しました。

 

 

本格物以外を読むときの戒めでやんす。

 

 

あ、それでも、最後の最後の章は、ゾッとしました!!!!!

 

 

 

 

 

« »