最新ニュース

平常に戻りました。 4月17日

池田政之の仕事 読書感想文

 

 

皆様、ご迷惑をおかけいたしました。

 

こうむったド迷惑ドダメージはまだまだ引きずりますが、

てか、もう一部は取り戻せませんが、気持ちは切り替えました。

 

今夜から平常で執筆復帰します。

皆様、すみませんでした。

もうしばらくお待ちくださいまし。

 

 

 

さて、先日読んだ『虚像のアラベスク』、とりあえず感想を。

 

内容は、100ページ強の中編二本「ドンキホーテ・アラベスク」と「グラン・パ・ド・ドゥ」、そしてたった6ページのエピローグから構成されています。

 

 

 

 

 

 

ちっちゃく載せときますね。(笑)

 

皆様、必ず頭から読んでくださいまし。(笑)

 

バカミスです。ドハハハハハハ (@_@)

これは読み手を選ぶでしょうな。

怒るか笑うか。ボクは笑いました。\(^_^)/

え? そうきたかぁ! そんな。なんぼ何でも。(笑) ドハハハハハ!!!

爆笑した後……なぁ~んにも残りません。(@ ̄□ ̄@;)!!

 

お気をつけあそばせ。\(^_^)/

 

 

 

 

さて、先日の三谷幸喜さんの『黒井戸殺し』皆さんご覧になりましたか。

 

 

 

 

 

 

面白かったですねぇ。地味やけど。

 

原作は『アクロイド殺し』ボクたちのころは『アクロイド殺害事件』

ボクも中学のとき創元推理文庫で読みました。実家の二階の書庫にあります。

 

あれが映像化できるとは。こっちはどうやるんろと厳しい目で見たけれど、

いやぁ、よく出来ていました。

 

ボク犯人知ってるわけですわ。けど見ているうちに、これは三谷さんが、犯人も結末

も変えたな、と、思ってしまって新鮮に楽しんでしまいました。

けれど原作通り。

流石でございました! 地味やけど。

 

前回の『オリエント急行殺人事件』の派手さは全くないけれど、

はるかに上でした。地味やけど。

 

野村萬斎氏の、前回(少なくとも僕の周りでは)大悪評だったあの気持ち悪い演技、

こいつ何考えとんねん!な演技も、今回は随分と押えられて、非常にようござい

ました。

 

このシリーズ、シリーズ化して毎週やってほしいくらいです。

 

「ABC殺人事件」も「大空の死」もポワロは出てけぇへんけど「そして誰もいなく

なった」も。

 

そのうち傑作の原作が足らんようになるて?

そんなん野村氏演じる勝呂が、クリスティの原作本だけやなく、カーもクイーンも

やってくれれば、いくらでも作れまっせ!

あの勝呂、フェル博士でもヘンリー・メリヴェル卿もいけそうやし。

 

 

とにかく、前回とは比べ物にならない秀作で、幸せな夜でございました。

 

地味やったけど。

 

 

 

 

それにしても財務事務次官のセクハラ問題に対する彼らの反論、すごいですな。

音声が出ても(ボクも聞きましたけど、あんなんマスコミさんが声紋鑑定すればええの

とちゃうの?)、知らぬ存ぜぬって。すごいなぁ。

これから犯罪犯して証拠が出ても知らぬ存ぜぬって言えばいいのか。

上に立つ人がこれじゃね。醜悪です。本人も、財務省も、麻生さんも。

麻生さん、あんなこと言うてたら好感度ダダ滑りしまっせ。

女性記者の皆さん、皆でme too運動……やっぱり日本じゃ難しいかな。すみません、

無責任なこと言いました。

でもこの問題って、森友、加計、自衛隊問題より、はるかに安倍内閣支持率に響く

と思う。次の選挙に響くと思う。

安倍さん、早くスパッと処置しないと、真っ逆さまやと思うけどな。

 

 

 

もうテレビの音声消そ。

 

さぁ、締め切り復帰や!

 

 

 

今日はもうやれない 4月16日

池田政之の仕事

 

 

15日、日付が変わって16日か。

 

今日はもう何もする気になれない。

 

バカバカしくて、情けなくて。

 

こんなに一所懸命やってきても、学習しない奴のために全部無駄になってしまう。

 

勿論そうならないように明日立て直すけれど、

今日はもう一行も、一文字も書けない。

 

 

あ、今抱えている締め切りの脚本とは何の関係もありませんよ。

そのために、首を長くして待ってくださっているプロデューサーさんに

申し訳なくて。

 

本当にすみません。

 

いただいているお仕事にも、締め切りにも、何の関係もないことなのに、

それに影響が出てしまうなんて。

プロとして恥ずかしいですね。

 

それでも今夜一晩お許しください。

 

明日にはきっと立ち直りますから。

 

 

 

なので今夜はこれを読んでいる。

夜中からヤケ食いをして読んでいる。

 

 

 

 

 

 

4月の終わりに一晩でも確保して読もうと買っておいた。

評判の深水黎一郎氏の『虚像のアラベスク』

 

 

朝まで読む。

 

 

で、寝て、起きて、明日、対策を考えてうまくいったら

脚本の締め切りに戻ろう。

 

 

お待ちくださっているプロデューサーさん。本当にすみません。

 

明日には立ち直します。立ち直して見せます。

 

 

 

 

稽古開始と新入生 4月14日

 日記 池田政之の仕事

 

 

ご無沙汰しました。なかなか更新できなくて……

 

何が何だかもうわけ分らん日々で……

 

 

 

さてさてNLT50周年記念公演第二弾『マカロニ金融』の稽古が始まりました。

 

54年前、三島由紀夫先生をはじめ著名俳優たちが文学座を対座して

出来たのがグループNLT。ちなみにNLTとはラテン語で新文学座の頭文字です。

当初は『サド侯爵夫人』の初演や『朱雀家の滅亡』初演等々三島先生路線でしたが、

50年前グループが分裂、大半の方が三島先生と共に去り、浪曼劇場を造り、

残った賀原夏子先生がNLTをフランスを中心にした欧米のコメディを専門に上演する

劇団にすると新たに〈劇団NLT〉として再出発。で今年が50周年。

50年前その第一弾に上演されたのがこの『マカロニ金融』です。

 

 

 

 

 

 

 

演出は飯沢匡先生。ゲストに黒柳徹子さん。以来黒柳さんはNLTの親友として

何本も出てくださっています。

 

好評で二年後に再演。今度は黒柳さんに加え天下の名優・森雅之さんもご出演。

で、芸術祭賞を受賞した作品なのです。

 

20年前、再々演となりました。その時は黒柳さんが演出を担当。

その時はボクも拝見しました。

 

 

難しい芝居でした。喜劇ではあるけれど笑いが起きる芝居というより

考えさせられる不思議な芝居でした。

脚本を読みました。難しい台本でした。そして三時間を超える長い話でした。

50年前は斬新でも20年前にはちょいと困った本でもありました。

 

 

今回はボクの脚色です。

元台本を何度も読みました。これはいったい何が言いたいのか。

ようやく気付きました。

これは……神と人間の戦いなのです。

 

ファブリッツォさんは不思議な金貸し。

彼からお金を借りると利息は年3%。なのに預けると年30%。

ありえない!

なのに一向に破綻しないファブリッツォ銀行。

ついに他の銀行、警察、法王庁まで動き題して……

彼は詐欺師か、稀代の天才か!

 

 

途中休憩を入れて2時間少々にまとめました。

テーマが判りやすくなってます。

面白くなってます。

ハラハラドキドキになってます。

 

皆様是非是非。

 

 

 

さて、昨日、あ、もう一昨日か。

NLT第52期生の入団歓迎会がありました。

今年も有望な新人が入ってきました。

 

早速ボクの10月の芝居に出す予定です。

 

それにしても52期て……ボク18期やで……

はぁ……

 

 

 

とん平さんのお別れ会 4月3日

 日記 〈ま〉の日常

 

 

いいお天気でした。

 

 

本日青山斎場で、里見浩太朗さん、浜木綿子さん、加藤茶さん、井上順さんをはじめ

発起人の方、ご遺族様、しまだプロの皆様、そしてさがみ典礼の方々による

左とん平さんのお別れ会が催され、参列させて頂いて参りました。

 

 

 

 

 

 

 

井上順さんの軽妙なМCで、笑いの絶えない式典でした。

 

 

著名俳優の方も大勢。

皆悲しみと笑顔の入り混じった、とん平さんの人柄そのままの

あたたかい式典でした。

 

しまだプロ所属のハマキヨの二人も働いていましたよ。

 

 

 

心よりご冥福をお祈りいたします。 

 

 

 

本当にとん平さんの如き空は、本当にいいお天気でした。

 

 

 

 

 

早くも千穐楽 3月27日

池田政之の仕事

 

 

本日は今年初演出の若柳禄寿先生の「春秋会男組」が千穐楽。

 

多くのお客様に楽しんでいただきました。幸せでやんす。

 

 

 

では又々楽屋の一枚を。

 

まずは主役・松村雄基クンとコマちゃんこと宗山流家元宗山流胡蝶さん。

 

 

 

 

 

 

 

続いてそのコマちゃんとあご勇さん。

吉原遊郭の女将と遣手婆のチャッカリコンビです。

 

 

 

 

 

 

 

男役の大塚加奈子さんと中村俊洋です。中村の浪人、見慣れた姿です。 

 

 

 

 

 

 

 

花魁の宇野雄大クンと高橋佑一郎クン。高橋クンは昨年の三山ひろしクン公演に

続いて。多分秋にもまた一緒のはずです。

 

 

 

 

 

 

綺麗どころがズラリ。EITAさんに武田知大クンも女形。

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて、下の写真は下手袖から舞台上をパチリ。貴重な写真ですぞ。

 

 

 

 

 

 

病鉢巻の松村クン、と桜花昇ぼるさんははっきり写ってます。

その間がえまおゆうさん。

奥にコマちゃんと辻本伸太郎。

背を向けているのが先日アップしたトンデモメイクの小林功ちゃん。

 

そして、手前左が何と根本拓人です。過去四回は全て丁稚役。それが今回昇級して

松村クン演じる若旦那の淡路屋の手代・与吉役。後半は功ちゃんと共にニセの仇討

で、桜花さんに斬られる敵役を無理やりやらされる役でした。

 

 

今回も本当に楽しいお仕事でした。

 

ありがとうございました。

 

さぁ、休む瞬間もなく次の締め切りだ!

 

更に楽屋風景を見たいと思われる方は、えまおゆうさんや桜花昇ぼるさんの

ブログにいっぱ~い載ってますよ。人様頼みかい。

 

 

 

 

 

 

« 古い記事