最新ニュース

本日黄門様 11月15日

池田政之の仕事

 

 

本日夜7時よりBS-TBSで『水戸黄門』です。

 

先週の「次回予告」で出ましたので。

 

劇中があります。

 

〈悪役〉役のご老公様。

 

 

 

 

 

 

 

かっこいい助さん。

 

 

 

 

 

 

先週は森岡が出てましたね。

 

本日は加納健次さん、ハマキヨの濱田が出ています。

 

 

 

是非是非ご覧ください。

 

 

 

今年もそろそろ 11月14日

池田政之の仕事

 

 

本日は午前中からコロッケさんと来年1月の明治座さんの決定稿にするための

打ち合わせをして、新幹線に飛び乗って、午後は大阪新歌舞伎座さんで12月の

天童よしみさんのスタッフ打ち合わせ。忙しゅうございました。

 

 

そんな中、今年もハマキヨの稽古が始まりました。

てか、もうすでに中盤。

 

これが始まると毎年「今年もそろそろやなぁ」と思ってしまいます。

 

 

それにしてもハマキヨも今回で18回目。つまり18年。

公演数としては一度地方公演(驚くなかれ地方に売れたんですぞ) があったので、

正確には19回目。

で再演ものが3回。なので18年で16本もおバカなくっだらない(笑)コメディを

書いてきたわけです。我ながら笑えます、いやホンマ。( ´∀` )

 

とはいえ、ものすごく感謝もしています。

こんな機会そうそうありませんでしょ。

こんなおバカな芝居をいろいろと試してみることが出来、お客様に笑って頂ける。

素晴らしい機会をハマキヨにもらったと感謝している次第です。

 

 

 

さて、

今年はなんと、えんまりちゃんこと遠藤真理子さん、そして藍菜ちゃんが初参加。

えんまりちゃん、看板女優やで。よぉ出たな。(笑)

 

もちろんボクは舞台で何度も。

えんまりちゃん主催のドジっ子クラブにも書いたことがありますし。

 

 

 

 

 

 

 

稽古場での全員そろっての一コマ。

声だけ出演の大塚明夫ちゃんと飛田の親父はこの日欠席でやんすが。

 

 

そ。飛田の親父は今年は芝居には出ません。声だけです。

 

なので、脚本も例年よりもしっかりコメディになるように書きました、って

どういうこっちゃねん。

 

そうかて、あの親父が出てたら、適当に台本書いてても、

あの親父の存在と所作だけで十分コメディになるんやもん。

貴重な飛び道具でやんす。

 

 

とはいえ、その分台本の段階からコメディしてます。

 

 

どうぞお楽しみに。

 

 

 

 

来週15日は水戸黄門 11月9日

池田政之の仕事

 

 

ご報告です。 

 

来週15日水曜日午後7時からBS-TBSで水戸黄門第7話が放送されます。

 

ご老公一行が訪れるのは一関。タイトルは『時の太鼓とじゃじゃ馬姫』

 

 

じゃじゃ馬姫には天才子役の鈴木梨央ちゃんが扮します。

 

勿論おなじみのシーンも。

 

 

 

 

 

 

 

チラッと鈴木梨央ちゃんが映り込んでますが。(笑)

 

 

うちからは、加納健次さん。芝居小屋・寿座の座主幸兵衛です。

 

 

 

 

 

 

 

ハマキヨの濱田は悪役でごんす。

あ、そうそう、今年もハマキヨの稽古が始まりましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

仁支川峰子ちゃんとは久しぶり。今度で3度目のお仕事。旅一座の座頭です。

 

 

 

 

 

 

 

もちろん武田鉄矢さんとは何度も。長谷川純クン、中田博久さんも出ています。

歌舞伎から新派へ行かれた市川月乃助 改メ 二代目喜多村緑郎さんとは初めて。

 

 

 

 

で一番感激したのはこれ。

 

 

 

 

 

 

 

タイトルの一番最初に池田の名が。当たり前か。書いたんやし。

 

 

でも……

これまで「暴れん坊将軍」や「江戸を斬る」はありましたが、

更に舞台では有名なお話や著名劇団の脚本を幾つも幾つもさせていただいてますが、

実は水戸黄門は初めて。

 

あ、舞台で黄門様が出るお話は書いてますけれど、

〈あのテレビの水戸黄門〉は初めてなのです。

 

 

 

ボクが小学校の頃に始まった水戸黄門。初代は東野英治郎さん。

 

以来50年近くたっての初水戸黄門です。

 

 

 

松平健座長の暴れん坊将軍のときも感激しましたが、今回もです。

 

父が生きていれば喜んだでしょう。

あ、「暴れん坊」のときに喜んだか。

 

 

実のところ、来年1月から始まるNHKBSプレミアム東山紀之クンの『大岡越前』

もそうなのですが、メイン脚本家の大ベテラン大西信行先生が亡くなられて、

それで「とにかく書いてよ」とCALさんに呼ばれたわけです。

 

感謝です。ボクでお役に立つのならこれからもいつでも呼んでくださいまし。

 

 

 

とにかく、面白いお話になっております。

 

皆さま是非是非ご覧くださいまし!

 

 

 

 

11月になっちゃって 11月5日

〈ま〉の日常 観劇

 

 

なっちゃいました11月に。

今年も2ヶ月を切ってしまいました。

 

 

今年はあと今月のハマキヨ『芸能事務所は開店休業』と

天童よしみ座長の大阪新歌舞伎座『浪花のロミオとジュリエット』

となりました。

 

 

それにしてもここ3ヶ月ばかり忙しいなぁ……

中には分刻みの日もあって……

訳が分かりません。

 

 

 

更に行ったり来たりで、

 

そうそう先日の台風で雪のなくなった富士山を新幹線の窓からパチリ。

 

 

 

 

 

 

 

珍しいので乗せちゃいますね。

 

 

 

 

さて、今年ラストクールのドラマも出そろいましたね。

 

 

『ドクターX』と『相棒』はやはり横綱相撲ですな。

 

 

『相棒』の第1話と第2話、どうなるかと思いましたが、

第3話はさすが太田愛さんの脚本、一点を除いて素敵でした。

 

その一点って?

階段から落ちても別に死ななかったらどうする気だったのだろう、でやんす。

 

ミステリーの世界では階段から落ちると必ず死んじゃいますけど、

現実には、怪我だけで済んだ方も結構いらっしゃいますものね。(笑)

 

まして非常階段ならともかく、お屋敷の、大きな、湾曲した、緩やかな、柔らかい

階段で、それなりの運動神経のある男性なら(演じてるのは川野太郎ちゃんやし)……

 

その状態で、たまたま死んだなら話は通じますが、絶対死ぬを前提にあの計画が

立てられるのかなぁ?

 

それくらいでしょうか。

 

 

流石でございました。

 

 

毎年の楽しみです。

 

 

 

まだまだ締め切り目白押しや。

 

 

 

 

何やかや 10月30日

〈ま〉の日常

 

 

 

台風一過。

今年は台風が多いですね。

 

 

さて、本当に何やかやと慌ただしくて、

何をやってんだかよくわからない日々でごんす。

 

 

そんな中今年も浜木綿子さんのお誕生日会に行ってまいりました。

 

 

 

 

 

 

 

今年は左とん平さんは欠席ですが、井上順さ大活躍でやんした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年のケーキはこれ。フルーツたっぷりの豪華版でやんした。

 

 

 

もう10月も終わりですね。

 

 

 

« 古い記事