最新ニュース

渡る世間は鬼ばかり 9月19日

〈ま〉の日常

 

 

 

今年もありました。

渡る世間は鬼ばかり。

今年は3時間スペシャル。

 

 

今年も健在の五姉妹。

 

 

 

 

 

 

 

それにしても、

すごい、すごすぎる。

 

 

何がって?

 

 

3時間だっせ。実質140分くらいでしょうか。

 

 

橋田先生 92歳。すごすぎる。3時間スペシャル書けるなんて。

 

 

プロデューサーの石井ふく子先生 91歳。すごすぎる。

 

 

タキさんこと野村昭子さん 90歳。すごすぎる。セリフいっぱい覚えてる!

 

 

 

 

 

 

一度是非お仕事させていただきたい女優さんでごんす!

 

 

 

我らが天童よしみ座長も出てまいりました!

 

 

 

 

 

 

主題歌も歌とてはりますものね。

 

 

 

そうそう、12月の天童座長公演の脚本、直しせんと。

 

橋田先生は92歳で3時間をお書きになるんです。

 

ボクも疲れたのしんどいの言わんと頑張らな。

 

あ、これ、去年のスペシャルの時もおんなじこと書いたな。

 

 

 

とにかく恐れ入りました。

 

 

 

 

 

そうそう。

渡る世間見ながらカールのうすあじ食べてたらこんなん出てきた。

 

 

 

 

 

 

キャラカールのおじさんタイプですって。

 

いいことあるかな。

 

 

 

 

 

大岡越前 9月18日

池田政之の仕事

 

 

 

皆様、台風18号、大事ございませんでしたか。

 

 

さて、水戸黄門に続いて今度は大岡越前でございます。

 

 

先日発表となり情報解禁となりました。

 

 

東山紀之さんのNHKのBSの『大岡越前』が来年一月よりシーズン4が

放送されます。

 

 

 

 

 

 

 

このお馴染みのポスターはパートワンのものです。念のため。

 

 

さて、二話分書かせていただきました。

 

ええっと、第二話と第六話だと思います。なんや頼んないな(笑)

 

 

水戸黄門と大岡越前。

ボクたちが子供のころから月曜日の夜交互にやってた二大時代劇、

どちらも書かせていただける。幸せでごんす。

 

これに西郷輝彦さんの『江戸を斬る』があればパーフェクトですな。

ちなみに『江戸を斬る』はかつて明治座さんで舞台の脚本を担当させて

いただきました。やった、ようやく制覇だ。(笑)

 

 

ちなみにボクの回ではありませんが第一話にNLTの杉山美穂子が

出させて頂いています。

 

 

ちなみにちなみに先日水戸黄門の劇中所作で太秦の東映さんに行った時、

夜の宴席で大岡組のレギュラー俳優座の加藤頼クン(加藤剛さんのご子息)

もご一緒でした。

 

 

 

皆様、来年ですが、東山クンの端正な越前守さまを

是非是非ご覧くださいまし。

放送近くなったらまたご報告いたします。

 

 

 

 

水戸黄門 9月16日

池田政之の仕事

 

 

この10月からBS・TBSで『水戸黄門』が復活します。

 

黄門様は武田鉄矢さん。

 

で、一本だけ書かせていただきました。

 

第七話・一関の回です。

 

 

 

 

 

 

で、久しぶりに東映さんへ行ってきました。

 

久しぶりに武田さんと楽しくお話して参りました。

 

 

というか、ホントの目的は、話の中で劇中劇があって助さんがカッコよくやる為に

ちょいと所作指導をして参りました。見得や立ち居です。

 

助さんは財木琢磨クン。抜擢の新人くん。

ジュノンボーイ出身のイケメンくんでやんす。

 

ちなみに格さん役の荒井敦史クンもジュノンボーイ出身。

 

男前コンビでやんす。

 

  

 

 

 

 

ズラリ並んだスタジオ群。この中に凄い昔の芝居小屋のセットがあるのでごんす。

 

 

ちなみにボクの回にはNLTの加納健次先輩とハマキヨの濱田和幸が出ます。

 

ちなみにちなみにボクの回の前に森岡豊が、後の回に清河寛が出ています。

 

ちなみにちなみにちなみにボクが行った時に、森岡はもう撮了していて

帰京していましたが、加納さんとハマキヨと制作さんたちと、夜の太秦

で、しこたま飲んで参りました。

 

 

 

10月から放送です。

 

皆様、是非ご覧くださいまし。

 

 

 

 

やっちまった 9月10日

〈ま〉の日常 池田政之の仕事

 

 

やっちまいました。

 

 

先月末の締め切り、夏風邪で伸ばしてもらって、ようやくできたけど

気に入らなくて、また二日待ってもらって直しをした時、フト気づきました。

 

前回前々回おやりになった舞台(ボクの作じゃありません)のDVDを、

参考のために見せてくださいと申しあげて、ダビングして送ってもらっていたのに、

見るのを忘れていたことを。

 

 

 

今回は急なご依頼ではないけれど、例えばの話でごんす。

 

急にボクに執筆の依頼が来るパターンは二つあります。

一つは当初の作家が書けなかったとき。頑張っても書けなかったとか、

急に体調問題が起こったとか。で、助けて頂戴とこちらに来ます。

 

もう一つは当初の作家が書いたけどレベルがダメで直したけどダメで、

本番目の前やし、で、当初の作家を下ろして、助けて頂戴とこちらに来ます。

 

二番目の場合、ボクはいつもそのダメだった台本を読ませて下さいと言います。

プロデューサーさんは「そんなの読まなくていいよ」とおっしゃいますが、

ボクはいつもこう言います。「今からボクが書いたとして、その中に、もしも

そのダメだった作品とたまたま似たところが、似たエピソードあった場合、

その作者からパクったと言われては困るので、確認が必要なんです」と。

 

絶対同じものは書かないというボクの矜持から、確認作業をするわけでごんす。

 

 

 

今回は別に前回前々回がダメだったわけではないのですが、似たところがないように

確認しようと思っていたわけです。

なのに、ずっと忘れてしまっていて……

 

 

で見ました。

 

 

青くなりました。

 

 

その一本がすごく似てました。ヒェエエエエエ!

 

 

知らなかったとはいえ、このまま提出してたら「あいつ、パクったか?」と

言われるところでした。

 

もっと早くに見なあかんのに、忘れてしもてからに。

 

 

やっちまったやっちまったやっちまった!

 

 

提出してОKだったあらすじはそのままに、大直しや。

 

あらすじ変えずに大直して、どないすんねん。

 

結局もう二日待ってもらって、必死で頭働かせて、何とか直しました。

 

そうしたら、前よりひねりがきいた面白い話になったと思いますが。

ワオ、自画自賛。(笑)

 

 

 

 

いやぁ、夏風邪、ぶり返し、うっかりパクリ疑惑……

 

あせりまくった9月の頭でした。

 

 

 

 

さてさて、とりあえず初稿の締め切りを済ませて、休む間もなく

NLT50年史の原稿書きでごんす。

 

来年NLTは50周年。

そこで豪華50年記念冊子を発行致します。

 

いろんな方に寄稿していただくんですけれど、全体の構成と、

トータルの原稿は、我々編集部で執筆いたします。

 

初稿の締め切りは今月末。頑張って、12ページ分書きますわ。

 

 

 

 

と思ったら、出ました、読みたい本読みたいねん症候群!

 

で、図書館で1冊と書店で1冊、計2冊。

 

以下の2冊でやんす。

 

 

 

 

 

 

 

1冊は去年の本格ミステリ大賞受賞の鳥飼否宇氏の『死と砂時計』。

ガチガチの本格、バカミス的トリック炸裂の連作短編集でやんす。

 

 

もう一冊は横溝正史ミステリ大賞受賞の藤崎翔氏の『神様の裏の顔』。

ボク、この作品が最初出版されたとき、読みたかったんやけど、

スケジュールでどうにもならなかった記憶が……

で改めて調べると、やっぱり……

2014年9月。そう、あの一番ものすごかった時。

このブログの8月3日に書いた通り、ミステリマガジン「カーと密室」の時。

結局あの時かぁ……

あの年は8月にちょいと読めただけやったもんなぁ。今もやけど。

 

 

 

で今から読みます。

 

インスタントラーメン食べながら。

 

なんやそれ。

 

今日買い物に行って普段素通りの袋めん売り場をフト見たら、

いろんなんが出てんねんなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

明星チャルメラあんかけラーメンとエースコックワンタンメン関西だししょう味。

 

今こんなんあるんやね。

ぜんぜん知らなんだ。

で思わず買ってきちゃいました。

 

 

どっちから食べよ?

 

 

どっちから読もう?

 

 

 

明日から、50年史の原稿や。

 

 

 

 

 

大千秋楽part2 9月7日

池田政之の仕事

 

 

7月20日の公開ゲネから始まったNLT『嫁も姑も皆幽霊』のシーズン2が、

本日七日森岡の岩手県民ホール公演で千秋楽となりました。

これで今シーズンは本当の千秋楽です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様、暑かった7月から本当にお疲れ様でした。

あ、7月は夏の北海道か。お疲れ様でしたぁ。(笑)

 

今夜は美味しいお酒を飲んでくださいまし。

 

 

 

各地ウケにウケたと聞いております。

 

皆様のおかげです。

 

又お会いしましょう。

 

本当にお疲れ様でした。

 

簡単な文ですみません。

 

今、締め切りが……

 

 

 

   

« 古い記事