この夏ミステリー第2弾 9月1日

〈ま〉の日常 読書感想文

 

 

今朝がた寝て昼に起きたら、政治スケジュールが元に戻っていた。

今朝何があった?

解散を先に、に対して安倍、麻生派勿論若手からも猛烈な反発があったのだと言う。 

すごいね。首相の方針が数時間でひっくり返った。

でガースーの会見。「最優先はコロナ対策だ」 その通り。で、何をしてる? 何をす

る? やってること同じ。てか何もしてない。昨日と同じ危機満載なのに危機感皆無の

ズルズル対策。どうせなら、というより、こういう場合は絶対に会見で更なるコロナ

対策を出さないと、全てコロナの所為にして保身を図っているとしかならない。事実

そうだし。

みっともないことこの上ない。呆れた。

 

 

 

 

さて。

 

9月になった。さぁ今年も後半だ。

 

ボクは後半まだ2本舞台がある筈だった。どちらも無くなりました。(;´Д`)

1本は劇団の秋。書いた本が過激すぎて制作にダメと言われた。(~_~;)

もう1本はコロナで延期。(◞‸◟)

空いたなぁ。(^O^)

 

ところがサボってる暇はありません。来年のあらすじ、執筆、そして大いなる企画。

充実してます。そうか?

それだってコロナの状況ではどうなるか分からない。でもやるだけはやっとかないと

ね。

 

 

てなことを言いながらミステリー。

なにせ6月30日にここに書いた通り、秋の劇団の新作の為に24冊も資料を読んだん

で、反動が出ちったんですわ。お馴染みの〈読みたい本読みたいねん症候群〉

まして24冊読破は無駄になったし。余計にね。(^O^)

 

 

先月末の、あ、9月になったから先々月か、『兇人邸の殺人』『硝子の塔の殺人』に

続いて、今月、あ、先月やった、先月は、ああややこしい。

8月は『密室は御手の中』『錬金術師の密室』そして『魔術王事件』です。

 

  

 

 

 

 

 

犬飼ねこそぎ氏(すごい名前)の『密室は御手の中』はよく出来た新本格。二転三転。

いやいやお手本のようで楽しめました。マジで。

特に密室トリックがすごく独創的で。貴志祐介氏にチョイ似があったような。あ、で

も違いますよ。こちらはこちらですごい。独創的。その上、更なる解釈が……

 

ただ問題は、警察を介入させない理由、あれで通るかなぁ。(^_^;) みんな怖くな

いのかなぁ。ボクだったら怖くて直ぐ警察呼ぶけどなぁ。(^O^)

 

 

 

 

二階堂黎人氏の『魔術王事件』

ボク、二階堂氏のファンです。デビューの『吸血の家』から超大作『人狼城の恐怖』

まで、それと短編も二階堂蘭子シリーズは出た瞬間にずっと読破してました。一番の

お気に入りは世間と違って『悪霊の館』でやんす。(~_~;) もう1冊は『人狼城の

恐怖』やけど、なんたって世界最長、ノベルズで全4巻やもんなぁ。長すぎて簡単に

は人に勧められません。(^O^) 全部初版で読んでます。

 

それが、この『魔術王事件』『双面獣事件』『覇王の死』の三部作だけは読んでませ

んでした。飛ばして『ラン迷宮』や『巨大幽霊マンモス事件』、更には蘭子シリーズ

以外に進んじまったから。

何でやろ。(^O^)

はっきり言って、ボクより先に読んだ奴の評判が良くなかったからで、加えて全部長

い。でもま、出版されてもう17、8年経ってるし(関係ないか)、とにかく色々聞いて

それじゃあまぁ最初の『魔術王事件』を読んでみればとなって漸く読んだ次第でやん

す。

 

でもこの長さでっせ。

 

 

 

 

 

 

ノベルズで800ページ弱。文庫にしたら3冊分か。あ、文庫になってた。上下2巻

各570ページとか。普通なら3冊分やん。それが1冊に。なので重くって持ってた

左手が痛い……

 

面白かった。

懐かしの、大伽藍の、不可能バンバンの、通俗読物・サスペンス冒険活劇の本格物。 

とにかくまぁ通俗読物ですわ。でもちゃんと本格の範疇に収まっている。

先日の『兇人邸の殺人』と比べてしまった。やはりこちらに1日の長があると思う。

怒られるかな。あくまでもボクの意見ですよ。蘭子の自画自賛と大げさな表現は相変

わらずやけど。

 

本格派の読み手には通俗やけど、まだミステリーを読み慣れてない初心者の方には

絶対面白いと思う。長いけど。

 

ほな『双面獣事件』『覇王の死』へと続くのか? いかないと思う。いろんな人が言っ

ている。その2冊はもう本格ではないと。ただの通俗読物だと。ならいいですわ。長

いし。

 

 

 

 

紺野天龍氏の『錬金術師の密室』

これは後日にします。

ここまで書いたら疲れちった。

 

昨日から今日、頭ウニです。(◞‸◟)

 

 

 

 

 

そうそう、勿論これも届いたので読んでます。『卑弥呼』第7巻。

 

 

 

 

 

 

 

 

野党。

早く新しい思い切ったコロナ対策を出せば。

出したら自民党にパクられる? いいじゃん。それでも国民の為やし、誰が出したか

国民は分かってるもの。本気で選挙に勝利するにはそれしかないのに。

結局彼らにも何もプランはないのか。結局彼らも只の凡政治家か。ブレーンおらんの

か。

 

 

 

 

 

 

« »